一茶まつり

炎天寺は平安中期に源頼義、義家父子が建立したと伝えられている古刹。小林一茶は千住関屋に住んでいた建部巣兆を中心とした文化人たちとかかわり、竹の塚の作家・竹塚東子などとこの寺の周辺をよく歩き、「蝉鳴くや六月村の炎天寺」「やせ蛙負けるな一茶是にあり」などの句を残しました。炎天寺では昭和37年それらの句碑を境内に建て、一茶の命日である11月19日に地元の有志が「一茶まつり」として一茶を偲ぶ法要と石田波郷氏を特別選者に句会を開いたのが始まりです。

第59回一茶まつりプログラム

2020年11月23日(月・祝日)

人の集まる催しものはすべて中止といたします。
・一茶まつり全国小中学生俳句大会表彰式
・奉納蛙相撲 ・吹奏楽 ・大道芸 ・甘酒接待等

ご承知のように新型コロナウイルスの感染がおちつきません。
このような状況を鑑み本年は
一茶まつり全国小中学生俳句大会の表彰式を見送り
賞状の発送を持ってその栄誉を称えることとします。

一茶忌法要11時(参列できません)、
特選句、秀逸句の掲示(9時半より14時まで)のみ
実施いたします。

ご理解、ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

炎天寺一茶まつり委員会

全国小中学生俳句大会作品募集

小さな動物や子どもの世界をやさしい目で俳句にした小林一茶の「やせ蛙負けるな一茶是にあり」や「蟬鳴くや六月村の炎天寺」の句碑がある炎天寺では一茶まつり全国小中学生俳句大会を催して59年、これまでに約713万余句の応募、20万5千余句の入賞句を数えて参りました。令和3年度も一茶まつり全国小中学生俳句大会(第60回)を開催します。
俳句を作ることは自然への観察力が見につき、自分の心を客観的に見つめることができるようになり、自分の心を自分で育て豊かにしていきます。ぜひ、ご応募くださるようご案内申し上げます。

募集開始日 2021年7月1日より
締切日 2021年9月25日(土)
応募条件 小中学生本人が創作した未発表作品・1人1句、自筆のこと。
二重投稿厳禁。入賞作品の著作権は一茶まつり委員会に帰属します
応募用紙 B5版コピー用紙を縦長に2等分した短冊に、中央に俳句、左に都道府県、
学校、学年、名前(フリガナ)を明記のこと。1人1枚、1句。
※応募票の同封が必要となります。
審査委員長 高野ムツオ
参加費 無料
特選・秀逸・入選に賞状、優秀校には学校賞、学校褒賞などを贈ります。
発表と表彰 表彰式は特選受賞者と団体賞受賞校を対象に
2021年11月23日一茶まつり当日に炎天寺を会場に行います。
送り先 〒121-0814 東京都足立区六月 3-13-20
炎天寺一茶まつり全国小中学生俳句大会係 電話 03-3883-0787(代表)

一茶まつり全国小中学生俳句大会は令和3年度、第60回をもって終了いたします。

  • View Counter

    • 59646総訪問者数:
    • 3今日の訪問者数:
    • 2018年11月6日カウント開始日:
  • Copyright© ENTENJI. All rights reserved.